南印度ダイニング ポンディバワン(インド料理/武蔵新田または千鳥町)


武蔵新田にあるインド料理店。池上線千鳥町駅からも歩けます。とにかく本格派のインド料理。カレーはもちろんおススメですが、「ミールス」が高評価。インドの中でも南インドの料理です。

週末のランチに武蔵新田にある「南印度ダイニング ポンディバワン」へ行ってまいりました。食べログなどの評判を読むと、本格派南インド料理のお店として高評価です。行列こそありませんでしたが、われわれが入店したところで、丁度満席になっておりました。予想通りなかなかの人気です。
ランチメニューをみると、、、日替わりランチ(日替わりのカレーのセット)、ターリーランチ(カレーとタンドリーチキンなどのセット)、薬膳カレー(ランチセット)などなど、かなり種類豊富です。
ネットでの評判では、なかでも「ミールス」なるメニューが人気。ランチではミニ・ミールスが数量限定で用意されています。これはベジタブルミールスだそうです。といっても、残念ながら記者にはインド料理の見識はあまりないのですが。ミールスを食べられる店は多くはないようで、インド料理ファンの人からの支持を集めてます。
今回は二人で訪れて、ランチ・ミールス(1200円)にライスをバスマティに変更(+300円)とターリーランチ(950円)をオーダーしました。なお、ランチ・ミールスは数量限定とメニューにありました。

ランチ・ミールス


これが、こちらのお店のランチ・ミールス。葉っぱ(おそらくバナナの葉)に載せられてでてきます。食後の飲み物のチャイも含め11種からなります(詳細は次の写真をみてください)。インド風に手でいただくこともできるようで、そのためのフィンガーボールも出していただけます。記者はおとなしくスプーンでいただきました。あと真ん中のライスを、バスマティ(インディカ米)に変更してもらってます。通常料金では日本米のようです。これだけのインド料理を一度に食べれるのは貴重ではないでしょうか。どれも優しい味わいで美味しかったです。

ランチ・ミールス
の説明


メニューにあったランチ・ミールスの中身の説明。1品1品の名前に馴染みがなく呪文のようです。

ターリーランチ
(チキンカレー)


ターリーランチのカレーは、豆、チキンキーマ、野菜、チキンの4種類から選べます。今回はチキンカレーを選びました。タンドリーチキンつきです。あとライスまたはナンも選びます。辛さも調節可能。さまざまなスパイスの絶妙な味わいで美味です。

ナン


ターリーランチについてくるナン。ランチでナンは1つまでおかわり可能です。

ホットチャイ
(エアブレンド)


チャイはホットとアイスがあります。ホットを選んだときは、「エアブレンド」して出してくれます。写真にある2つの容器の間でチャイを移し替えるんですが、そのときに泡立つ、ということだと思います。
薬膳カレーもあることからわかるように、体に優しいメニューが中心のようです。辛さの段階を選べるのもいいですね。こちらのお店では、ホントに本格的なインド料理をいただけます。
(記者TS/2012年4月)
武蔵新田駅から徒歩約3分くらい あるいは 千鳥町駅から徒歩約10分くらい
03-6715-2888
東京都大田区矢口1-7-9 地図を表示(スマホもOK)

食べログをチェックLinkIcon お店のホームページLinkIcon

 
コーナートップへ戻るLinkIcon