[閉店]巨牛荘(焼肉/自由が丘)


自由が丘の焼肉屋。焼肉はもちろんプルコギが旨いお店です。プルコギの後、同じ鉄板で焼うどんをいただくのが、このお店の定番。芸能人の来店も多いらしい(?)お店です。

残念ながら自由が丘店は閉店されました(2014年12月)。

世間がお盆休みの日の晩御飯。自由が丘の焼肉屋「巨牛荘」に行ってまいりました。自由が丘デパートの2階にあるこちらのお店は、両国に本店のある焼肉屋です。芸能人の来店も多いようで、お店の入口に来店した芸能人の写真が沢山あります。舌が肥えているに違いない芸能人の来店が多いお店、、ということで、少し期待度があがあります。
こちらのお店、普通の焼肉だけでなく「プルコギ、(その後の)うどん」が鉄板の定番のようです。今回は、定番も入ったコース「とくとくセット(1人前3600円)」を注文しました。このコースは2人前から受け付けてます。写真で紹介しているのは、2人前分です。とくとくセットには、白菜キムチ、ナムル盛り合わせ、牛タン塩、カルビ、ハラミ、プルコギ、うどんが入ってます。

牛タン塩


牛タン塩は、味がついているので、焼いて(タレにつけずに)そのままいただきます。なかなか厚めの肉です。
 

牛タン塩を
焼いているところ


焼肉はこんな感じで網で焼きます。ガスの火ですね。牛タン塩は、コリコリした食感で美味でした。

カルビとハラミ


カルビとハラミ。普通に旨い焼肉です。ハラミは結構、肉厚です。

プルコギ


焼肉が終わるとプルコギに移ります。プルコギは韓国の肉料理です。味付けされたお肉とキムチ、サニーレタスが出てきます。プルコギが出る前に、網からプルコギ用の鉄板(プルコギパンかな?)に替えてもらいます。

プルコギを
焼いているところ


このお店では、プルコギはお店の人が焼いてくれます。まず、鉄板の周りに水(だと思うのですが)を入れます。鉄板が熱くなってきたらプルコギを焼いていきます。肉から出る汁(脂)が鉄板の周りに溜まっていきます。

プルコギはキムチと
サニーレタスを
巻いて食べます


プルコギとキムチ、サニーレタスの組み合わせはなかなか絶妙です。肉の旨み、甘みとキムチの辛さが、サニーレタスのみずみずしさとよくマッチします。

プルコギの後のうどん
(肉汁焼きうどん)


うどんは、プルコギ後の肉汁、肉の脂とからめて、鉄板で焼いて醤油で味付けしていただきます。焼くのも味付けもお店の人がやってくれます。このうどんがいただけるのが、このお店の売りの一つですね。脂っぽいですが、肉の味が染みこんだうどんは、このお店でしかあじわえないものです。
最後にアイスキャンディーがサービスで出てきて、肉の脂っぽくなった口の中をサッパリさせられます。ホームページによると「プルコギとうどん」以外に、「ケジャン(ワタリガニの塩辛)」もお店の看板メニューみたいです。焼肉とあわせて、ほかのお店にはないこれらの味を楽しみたいときおススメです。
(記者TS/2011年8月)
自由が丘駅から徒歩1分くらい
東京都目黒区自由が丘1-28-8 自由が丘デパート2F 地図を表示(スマホもOK)

食べログをチェックLinkIcon お店のホームページLinkIcon

 
コーナートップへ戻るLinkIcon