[閉店]かつ久(とんかつ/田園調布)


田園調布にあるとんかつの名店。柔らかいとんかつだけでなく、パン粉やキャベツにもこだわりあり。とんかつにしては、控えめなアブラっぽさで、上品、軽い感じです。

田園調布のとんかつ屋「かつ久」さんが閉店してました。残念。(2015年11月)@Yukigaya_WalkLinkIcon
田園調布、以前とんかつのかつ久があったとこ、又とんかつ屋 の「幸楽」というお店がオープンしてました。どうやら浜松にある有名店の支店?コレは要チェックかな。(2015年12月)@Yukigaya_WalkLinkIcon
同じ場所にできた「とんかつ幸楽支店 田園調布」に行ってまいりました。記事はこちらLinkIcon。(2016年1月)

日曜のランチに田園調布にあるとんかつの名店「かつ久」に行ってきました。食べログをチェックすると、池上の有名店「とんかつ燕楽」と並んで、この辺りでは高評価のとんかつ屋です。
伺ったのは12時半くらいでしたが、我々で丁度満席になりました。週末ということもあり、なかなかの繁盛ぶりです。お店の中は、改装されてからまだ長くないのかとても新しい雰囲気。和でモダンです。入り口からすると意外なほど奥行きがあります。
この度は二人で伺い、「極上ロースかつ定食(2200円)」とランチサービスの「小ヒレ定食(1400円)」をオーダーしました。

極上ロースかつ定食


ロースかつは「極上」以外に「特ローツかつ定食(2000円)」「ランチサービスのローツかつ定食(1700円)」とあります。お肉の質が違うとのこと。キャベツ、お味噌汁、漬け物というオーソドックスなとんかつ定食です。

極上ロースかつ


普通より柔らかめのロースで、ひとくち口にいれると「おっヤワラか」と思います。肉汁よりも、肉をダイレクトに舌で味わう感じです。パン粉にもこだわりがあるそうで、高級パンのパン粉を使っていてそのため色が少し濃いめに揚がる、とのことです。上品なとんかつ、という印象です。

ランチサービスの小ヒレ定食


ヒレかつも柔らかな食感。少し荒めなパン粉との組み合わせで美味しくいただけます。美味しい豚肉です。こちらのお店は、キャベツが薄く切られていることも特徴です。このキャベツをさっぱりいただくために、ソースではなく醤油で食べることをお店ではおススメしてます。この辺りもお店のこだわりが伺えます。なお、特ヒレかつ定食(2000円)もあります。
田園調布という土地柄にふさわしい、上品な味わいのとんかつです。味わい深く、胃にも優しく、とんかつをいただくことができます。なお、とんかつ以外に海老フライもあります。
(記者TS/2012年4月)
田園調布駅から徒歩6分くらい
03-3721-2629
東京都大田区田園調布2-48-15 地図を表示(スマホもOK)

食べログをチェックLinkIcon

 
コーナートップへ戻るLinkIcon